翠緑のエクリ

神奈川県在中。主な関心は哲学、倫理です。

2018-12-23から1日間の記事一覧

【書評】制度でも衰退でもない経済の未来(2/2)―「経済成長という呪い」ダニエル・コーエン

(人類史と経済成長 前半へ) 「自主的」であれという「命令」 ポストフォーディズムの労働者 しかしながら、ポストフォーディズム体制では、労働者や工場は国境を越え、反復作業は機械に任されることになります。 企業はかつて、労働者の福利と厚生を図ること…